Just another WordPress site

5/27 書類作成と旧漢字

事務所の近況を緩々と綴っていくこのページ、記念すべき?第一回です。

本日は生憎の悪天候。 現場業務も入っていないため、HPの管理や書類関連など、
事務所内で行える作業をまとめたり、準備を行ったりの一日になりました。
かつては機械音を響かせながらインクリボンを回し、漢字の形に掘られた金属質の
パーツを用紙に打ち付けるタイプライターでの作業だったものですが、
ワープロ→PCへと進化をとげ、書類作成も随分と簡略化されたように見えます。
図面を引くために急角度に傾斜したボードに、磁石で書類を留めることも減りました。
なんでも同じ機械で行える、というのは、考えてみれば本当に便利ですよね。

しかし便利になるという事は最適化されるということ。
最適化されるということは予想外の事に対する対応力が減るというもので。
今日もたった一文字の入力が、事務所にちょっとした混乱と技術革新をもたらすことに・・・

入力の必要上、いわゆる旧漢字への文字返還をしなければならなかったのですが、
これが変換候補どころかPCの中にまったく入っていない! という状況でした。
仕方なくネット上からイラスト化した文字をあさり、似たような文字を探し出すものの
書体が合わず一文字だけ書道をしたような姿に・・・

どうにかできないものか。

調査の結果、書体が同じでよく似た文字から部品を切り取り、「外字エディター」で
合成、ドット打ちで修正した文字をさらにIMEパッドの辞書機能で覚えさせることで、
機種依存文字にはなるものの思い通りの漢字を自作できることが判明!

さっそく事務所中のPCに覚えさせ、なんとか無事に書類は形になりました。
今後、機種依存文字や旧字体に悩まされた時には、使えそうな手段です。
業務以外にも、年賀状や一風変わった手紙の作成などにも?
詳しい人からすれば「何をそんな」と言われるような発見かもしれませんが、
出来ることが広がっていく、というのはやはりいいことですね。

測量の仕事も、現場での不意の状況変化に対し、その場にある知恵と道具で
対応することが求められる場合があります。
非常に難易度が高かったり、手間が二倍三倍になる事もしばしばですが、
やはり考え付き、成し遂げた瞬間は心地いものです。
そして、次からはその技術が普通に使える選択肢の一つとなっているわけで。

現場で使える技術を得る、ということは、こういう事なのかなぁ と、
改めて感じた一日となりました。

お気軽にお問い合わせください 。 TEL   04-7124-7071 平日 9:00~18:00 (土・日・祝日もお気軽に!)

PAGETOP
Copyright © 小出測量事務所 All Rights Reserved.