Just another WordPress site

行政書士業務

小出測量設計事務所は多様な業務に対応しています。
測量・設計などの実地業務のほかにも、行政書士資格により、
書類作成や法的相談などの業務も行う事が出来ます。

★測量設計で行政書士?
一見、関係ないようにも見える測量の事務所と行政書士資格ですが、
実はとても密接な関係があります。
建物を建築するとき、改装するとき、相続があった時など、
あるいは境界に関する相談をまとめる時などは、
ただ測量をするだけでなく、その結果を行政庁に書類として提出して
法的に認めてもらう必要が生じる場合があります。

また、一見可能な建築や土地の造成も、許可制度で制限されている場合があります。
これらの場合、現場での測量行為だけではなく、公官庁への許可申請など
特殊な法律知識が必要になってきます。 これを行うのが、行政書士です。

また行政書士業務の側からも、農地転用の許可などで測量が必要な場合があり、
国家資格はそれぞれが分野を補い合って機能しているような状態です。
(下記の税理士や登記を行う司法書士などとの連携も、こうした必要性があるのです)

★行政書士業務が必要になる場合とは?
申請には多様な事例・規則があるので、以下には代表的なものを記載します。

・相続が発生する場合。
もっとも多く、かつ有名なのが相続です。
法律知識を元に相談、遺産分割協議書の作成、戸籍等の取得などを行います。

・農地転用許可申請
農地を他の用途に変更する場合、申請が必要です。
農地は政策的に保護されているため、別の用途にする場合は許可を取る必要があります。

・造成設計
一定規模を超える土地の造成などをする際には、申請が必要です。
安全性や雨水の流れる先などを書類にして、許可を取ることになります。

・道路位置指定申請
建物の敷地は、建築基準法上の道路に接する必要があります。
建築を計画している敷地が、道路に接していない場合や新たに造成する宅地に家を建てる場合などには、
基準法に定める道路を、計画敷地に接するように築造しなければなりません。
そのための手段の一つがこの申請です。
小出測量設計事務所では、これら案件にも行政書士資格で適切に対処。
また、多種多様な案件に対応するため、
不動産取引業、司法書士、土木工事、税理士 等、幅広い業種と連携することで、
手厚いサポート体制を確立しています。

相談したいけれど此処でいいのかな? と迷いそうな場合にも、
04-7124-7071
小出測量設計事務所

この番号。 お気軽にお電話いただければ幸いです。

お気軽にお問い合わせください 。 TEL   04-7124-7071 平日 9:00~18:00 (土・日・祝日もお気軽に!)

PAGETOP
Copyright © 小出測量事務所 All Rights Reserved.