★土地分筆登記 土地をする場合

・土地の一部を分割して売買したい
・相続が発生し遺産分割によって土地を分けたい
・建物建築予定に伴い、接道部分の幅員を確保したい
上記のような場合で土地を分割したい時は、「土地分筆登記」の必要があります。

土地分筆登記が完了した後に交付される登記識別情報は、
いわゆる権利書とは異なりますので御注意下さい。

★土地地目変更登記 土地の地目を変更する場合
畑だった場所に建物を建てたり、宅地の一部を道路にしたりした場合、
合筆するにあたって地目を揃えたい方等は、土地の地目と現況を一致させるため、
「土地地目変更登記」をする必要があります。

★土地合筆登記 複数の土地を1つにまとめる場合

複数ある宅地の地番を一つにしたい等で、数筆ある土地を1筆の土地にまとめたい場合は、
「土地合筆登記」をすることになります。
この登記をすることによって数個あった「権利証」・「登記識別情報」も1つにまとめることができます。

★土地地積更正登記 登記簿の面積を直したい場合

測量した結果の地積が登記簿記載の地積より多かった又は少なかった場合で
登記簿の面積を直すには、「土地地積更正登記」を行う必要があります。

この登記は申請義務はありませんが測量した結果の地積が登記簿の地積より少ない方は、
固定資産税などに関係してきますので申請したほうが良いのではないでしょうか。

その他の土地の登記

★土地表題登記
土地が新たに出来た場合(公有水面埋立等)にする登記です。
一般的には水路・道・畦畔などの国有地(無番地)の払い下げを受けた場合にします。
(※自己所有の土地と隣接していない場合、払下はできません。)